司法書士の難しいイメージを破壊!

MENU

行政書士の資格について

男性

行政書士とは官公署に提出する書類や、権利義務および事実証明に関わる書類を作成する国家資格です。彼らの主な仕事は、以下のような公的書類の作成に携わることです。まず遺言や相続の段階では、遺産分割協議書などの作成の必要が生じます。また相続財産の調査などを代行する場合もあるのです。あるいは土地や建物の賃貸借に関わる契約書を作成するのも、彼らの重要な仕事の一つです。また金銭に関わる貸借書も作成します。加えて自動車の登録書類を作る権利も有します。これはナンバーの変更に必要となります。少し特殊なパターンとしては、日本国籍取得を望む外国人の帰化申請を代行することもできるのです。

 

このように行政書士は様々な場面で活躍することができるので、この資格を取得しておけば、就職や企業において有利に働くことは間違いありません。弁護士や公認会計士、税理士などは、行政書士になる資格を初めから持っています。しかし、一般にこの資格を得るには行政書士試験に合格することが最も手早いと言えるでしょう。この国家試験の試験科目は、憲法・民法・商法・会社法・行政法・基礎法学・一般知識からなっています。

 

ここからも分かる通り、法律についてオールラウンドに学ばなければ資格を取得することは難しいのです。大学で特別に講義を行っている場合や、行政書士になるための専門学校なども存在することからも、難関国家資格の一つに数えられることがわかると思います。まず大学に通って学ぶ場合ですが、この場合は法学部や経済学部を選択することが望ましいでしょう。ですが総合大学ならば他の学部からでも講義を取ることができます。大学で学ぶことにはこのようなメリットがあります。また専門学校では特化した講義を行っているので卒業までにかかる時間が短く、同じ目標を持つライバルの存在もあるので、社会人になってからの取得を目指す人にはオススメです。また今では通信講座で学ぶ方法もあります。自分にあったものを選ぶことが、行政書士の資格取得への近道だと言えるでしょう。

行政書士の資格取得の勉強法

女性

行政書士の資格は国家資格なので、誰でも簡単に合格するものではありません。合格率は10%以下なので、試験では基礎的な問題を落とさずに難易度の高い問題にも挑戦できる余裕が必要です。全く法律の知識がない場合は、800時間は勉強時間を確保します。数ヵ月単位で勉強を行うので、毎日3時間〜5時間は勉強に使います。勉強法のコツは、得点配分が多い行政法と民法をしっかり理解することです。

 

まんべんなく勉強していると、得点を上げる勉強時間が短くなるので、試験に出やすい範囲に重点を置きます。最初は用語などを全く知らないので、参考書から行政書士がよく使う用語になれます。用語は憲法から民法、行政法の順に覚えていくと理解しやすいです。勉強のメインは過去問を解くことです。用語をしっかり学べたことや試験の傾向を知るには過去問が一番です。行政書士の試験は1回で3時間ほどかかるので、憲法と民法、行政法を解いて7割以上の正答率が出るまで続けます。同じ問題でも、過去に出された問題は再び出題される可能性が高いので、問題文まで覚えてしまうくらい解き続けます。7割以上解けるようになったら、基礎法学や一般知識の分野に取り掛かります。一般知識は文章理解で時間を取られるので、できるだけ早めにスタートするのがポイントです。

 

試験まで2ヶ月を切る頃には、過去問では安定したスコアを取ることができるので、モチベーションも上がります。追い込みとして今までより1時間〜2時間勉強時間を増やすことで、詰めの甘い分野の理解度をアップさせます。この時期に過去問や問題集で間違ってしまった問題は、ノートに簡単に書き写していつでも見られるようにします。試験当日は自分が苦手とする問題やポイントがぎっしり詰まったノートを確認するだけで、事前の総復習ができます。通信講座でも独学でも学んでいる内容は同じなので、他の人より多くの知識と理解力を持つことを目指します。

司法書士、行政書士に向いている人

司法書士

今も昔も変わらず、法律関係をとりまく問題で頭を悩ませる人が多いのが現状でありますが、法曹界では弁護士だけではなく、司法書士、行政書士の方々も法の知識を生かし、日々、多くの依頼者の相談に応じ、問題解決へと導いて下さっております。司法書士は弁護士同様、国家資格であり、不動産登記の代理、供託の代理などを行い、裁判所や法務局へ提出する書類を作成する法律専門職です。意外と知られていないこととしましては、法務大臣から認定を受けた認定司法書士は簡易裁判所において扱える140万円までの民事訴訟や和解もでき、当事者を代理することができます。

 

また、行政書士も同じく国家資格であり、役所に提出する書類作成や権利義務に関するものの書類作成、作成に伴う相談等を行う法律専門職です。行政書士が扱える書類作成はなんと数千種類とも言われ、例えば、法人設立手続き、相続相談に伴う遺言書作成や建設業許認可、近年利用者が急増しております任意後見に関する契約書作成、相談等も行えます。司法書士、行政書士共に共通しているのは、悩み事を抱える依頼者の方々の気持ちに寄り添い、真摯に事実と向き合って解決方法を図ったり、より良い状況をつくってあげなければならないということです。

 

また、迅速さも必要となります。特に相続問題などは内容によっては期限が決まっている事柄もありますし、後見問題も身寄りのないお年寄りの方々の、できるだけ早いサポート体制を築いてあげることも必要です。お年寄りの方々の財産管理を確かなものにするために正確さ及びスピードが必要な場合も多いです。また、近年、相続問題は複雑化しております。遺産分割でもめる家族も増加しているため、遺産分割協議書の作成も法律家に依頼したいと願う依頼者の方も多いですので、とにかく正確に、かつ迅速に業務をこなしていける人が向いているお仕事です。あわせて言うならば、緻密さ、細やかさは必要かと思います。気配りもできれば、依頼者の方には法律家の存在はとても心強いはずです。人の気持ちにきちんと寄り添い、向き合える人に向いているとも言えると思います。

行政書士のお仕事

司法書士

行政書士協会は、行政書士法第18条第1項に基づいて設置される特別民間法人で、それぞれの都道府県に存在します。行政書士はこの各地にある行政書士協会が持つ行政書士名簿に登録することが義務付けられており、登録されると自動的に日本行政書士会連合会に加入したことになります。行政書士の仕事は、一般や法人の依頼を受けて代わりに省庁や役所、警察署といった官公署に書類を提出することが基本です。

 

代書屋と呼ばれることもありますが、書類整理は単純なものだけでなく、コンサルティング業務など複雑な業務をこなす場合もあります。代行する書類には会社の設立や相続、自動車など様々なジャンルがあり、ほとんどが許可を求めるものでおよそ1万種類あります。国民が日本で生活したり企業として存続したりするには、たくさんの手続きがあるので、素人には把握しきれない部分があります。

 

行政書士は国家資格を持つ者として、複雑な手続きを代わりに行い、スムーズな生活をサポートしています。書類整理というとデスクワークのイメージが強いですが、実際は依頼人とミーティングを行ったり書類を出しに官公署に出向いたりと、外出先での仕事も多いです。書類によっては提出期限があるため、依頼人とのミーティングを行う時期によっては、すぐに仕事に取り掛からなければならないこともあります。企業からの依頼は事業所税の手続きなど税金に関することが多く、行政書士はITコンサルタントとしても活躍します。経営の知識も兼ね備えているので、税理士や会計士よりも相談しやすい場合があります。特にインターネットマーケティングや税金を電子申請するなど、ITと行政が密接に関係する分野には強いです。行政書士法第12条では、正当な理由もないのに業務で扱った内容を他者に漏らすことを禁止しているので、会社の機密事項が含まれた相談でも安心して良いです。最近は消費者問題や債務整理、不動産の分野に特化した行政書士も増えています。

お役立ちリンク

ミュゼ徳島・・・徳島で脱毛チェーンを経営されています